一生に一度は行ってみたい開運の旅

木花咲耶姫命 KONOHANA SAKUYAHIME

”「誰が女ぞ」と問ひたまへば、答へ白さく、「大山津見の神の女、名は神阿多都比賣。またの名は木の花の佐久夜毘賣とまをす」。”

 

(解説)
天照大御神の孫神・邇邇芸命は美目麗しい木の花の咲くや姫と出会い求婚する。姫の父・大山津見の神はたいそうお喜びになり、姉の石長姫も一緒に嫁がせようとしたが、邇邇芸命は美しいほうの木の花の咲くや姫のみを妻とする。

『古事記』「木の花の佐久夜毘賣」より

浅間神社 (静岡県富士宮市〜山梨県富士吉田市)

【縁結び・安産祈願】 霊峰富士をご身体とする浅間神社。御祭神の木花開耶姫命は花のように美しく、ニニギノミコトに見初められた。また、海幸彦と山幸彦を生んだことから「縁結び」「安産」の神様として有名。