一生に一度は行ってみたい開運の旅

熱田神宮 ー草薙剣ー

名古屋市熱田区にある神社。荒ぶる神・須佐之男命が八岐大蛇を倒した際に手に入れた三種の神器の1つ「草薙剣(くさなぎのつるぎ)」をご神体とする神宮。剣の元の名は「天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)」。八岐大蛇の尾から出てきた時、常に「雲気」がかかっていた為そう呼ばれた。時は流れ、剣は大和朝廷の東征の際に日本武尊の手に渡る。日本武尊は野で敵火に囲まれるが、剣を使い草を薙ぎ切って窮地を脱したため「草薙剣」と名付けられた。

熱田神宮 (愛知県名古屋市熱田区)

【国家安泰・家内安全】 三種の神器の1つ・草薙神剣を祀る神社。戦国武将の織田信長が戦勝祈願をして勝利を収めたことでも有名。