一生に一度は行ってみたい開運の旅

開運TVとは ABOUT KAIUN TV

日本各地の「開運」スポットを訪ね、そのパワーの源や神秘に迫ります。
訪れるのは北緯35度線上の日本地図に直線を引くと並ぶ富士山頂や出雲大社などの聖地。これら聖地を結ぶ不思議な直線はレイラインと呼ばれ、世界各地で発見され崇められてきました。そこでは今でも毎日奇跡が起きているんだそうです。
さぁ、見れば癒されて元気になる、摩訶不思議 パワースポット巡礼の旅へようこそ。

レイラインとは ABOUT LEY LINE

古代の日本には神の道がありました。
北緯 35 度線上の日本地図に直線をひくと、ライン上には玉前神社、寒川神社、七面山、富士山頂、大山、出雲大社など、聖地が並びます。 さらに近畿では、伊吹山、伊勢神宮、熊野本宮、 伊弉諾(いざなぎ)神宮、元伊勢が逆さの五芒星をなし、その中央に平安京、平城京、飛鳥京が縦に並びます。古代から人々に崇められてきたこの道を、レイラインと呼びます。

五芒星とは ABOUT PENTAGRAM

近畿に点在する五つの聖地を結ぶと一辺が110kmの正五角形が現れます。近畿の五芒星は、五角形に内接し、一辺170kmの光の道によって導かれます。
五芒星の持つ意味は、陰陽道の基本概念となった陰陽五行説、木・火・土・金・水の5つの元素の働きの相克を表したものであり、五芒星はあらゆる魔除けの呪符(じゅふ)として重宝されています。